基礎知識

どんなときもWiFiの使いすぎによる通信速度制限についてサポートに確認してみた

更新日:


どんなときもWiFiは、公式サイトにどれだけ使っても通信制限がない「データ容量無制限」と記載されています。

ただ、データ容量無制限とうたっているサービスでも、実際は使いすぎると制限がかかり低速になるものがほとんどです。

そこで、どんなときもWiFiは本当にデータ容量無制限なのかをサポートに確認してみました。

どんなときもWiFiは公式サイト上は使い過ぎによる速度制限はない

どんなときもWiFiの公式サイトを見てみると、特徴の1番目に「データ容量無制限」と明記されています。

また、どんなときもWiFiのルーターにはクラウドWi-Fi(クラウドSIM)が採用されていて、ドコモとau、ソフトバンクの3枚のSIMが割り当てられているので、1枚のSIMしか利用できない従来のWi-Fiルーターのように、無制限と言いながら短時間に使いすぎて低速に制限されることもないとのことです。

著しくネットワークを占用するレベルの大容量通信をした場合384Kbpsに制限される場合がある

ただ、どんなときもWiFiの公式サイトには「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。」とも記載されています。

これだと、他のモバイルWi-Fiルーターと同じく使いすぎると低速に制限されるパターンのようにも見えます。

「著しくネットワークを占用するレベル」がどの程度なのかサポートに確認してみた【4月版】

そこで、著しくネットワークを占有するレベルがどの程度なのかをサポートチャットに確認してみました。

詳しく聞いてみたところ、数字の目安はなく基本的に制限はかからないものの、明らかにネットワークに負荷がかかっていると判断された場合は通信制限される場合もあるとのこと。

ただ、現状では約1TBを使った人でも制限がかかっていないとのことでした。また、低速に制限された場合の解除までの期間は「ネットワークの公平性が確認でき次第」で、具体的な期間は教えてもらえませんでした。

なお、制限がかからなかった1TBは1日での通信量とのこと。これなら安心ですね。

「著しくネットワークを占用するレベル」がどの程度なのかサポートに確認してみた【6月版】

どんなときもWiFiの「著しくネットワークを占用するレベル」が、4月時点から変更になっていないか、再度チャットサポートで確認してみました。

最初の回答は4月の時と全く同じですね。

その次のコメントでは、「動画やゲームの長時間視聴・利用であっても基本は制限はかからない」と明言しているので、動画とゲームに関してはどれだけ使っても速度が遅くなることはないようです。

仮に速度制限になった場合、ネットワークの公平性が確認でき次第解除されるとのこと。

通信が許容範囲内になったことが確認されれば制限は解除されるようですが、これはシステムによる判断のため具体的にいつ解除されるかは案内できないとのことでした。

まとめ。どんなときもWiFiは現時点では無制限で利用できると言っても差し支えない

どんなときもWiFiは基本的には本当に無制限で通信し放題のサービスですが、ネットワークに負荷がかかり他のユーザーに影響が出ていると判断された場合は384Kbpsの低速に制限されることもあります。

ですが、現状では1日で1TB通信しても低速制限はされない、もしくはゲームや動画を長時間使用しても制限されない状況です。

まとめると、どんなときもWiFiは現時点では無制限で利用できると言っても差し支えないほどの制限の緩さなので、私は安心して契約できました。

通信量を気にせずに短時間にたくさん通信したい人は、どんなときもWiFiはおすすめです。

公式サイト
どんなときもwifi

どんなときもwifi

-基礎知識

Copyright© どんなときもWiFiを実際に使ってレビューするブログ。 , 2020 All Rights Reserved.