基礎知識

どんなときもWiFiを海外で使ってみた。料金とメリット・注意点、速度まとめ

更新日:


どんなときもWiFiは、日本だけでなく海外でも使うことができます。

どんなときもWiFi契約後にちょうどマレーシアに行く用事があり、レンタルWi-Fiと料金を比較してみたところ、どんなときもWiFiの方が安かったのでマレーシアで実際に使ってきました。

このページでは、どんなときもWiFiを海外で利用する場合の料金とメリット・注意点、事前に準備しておくべきこと、実際に出る速度についてまとめています。

どんなときもWiFiを海外で利用する予定がある場合は参考にしてみてください。

海外でどんなときもWiFiを利用するメリット

まずは、どんなときもWiFiを海外で利用する場合のメリットと料金などについてまとめておきます。

世界107ヶ国で使える。料金と使える国一覧

どんなときもWiFiは現時点で107ヶ国で利用できます。

料金は1日1280円1日1880円の2パターンです。

それぞれの料金で使える国と地域は以下の通り。

1日1280円で使える国・地域
アジア・オセアニア26地域
インド
インドネシア
オーストラリア
カザフスタン
カンボジア
グアム
サイパン
シンガポール
スリランカ
タイ
ニュージーランド
ネパール
パキスタン
バングラデッシュ
フィジー
フィリピン
ベトナム
マカオ
マレーシア
ミャンマー
モンゴル
ラオス
韓国
台湾
中国
香港
ヨーロッパ41地域
アイスランド
アイルランド
アルバニア
イギリス
イタリア
ウクライナ
エストニア
オーストリア
オーランド諸島
オランダ
キプロス
ギリシャ
クロアチア
サンマリノ
スイス
スウェーデン
スペイン
スロバキア
スロベニア
セルビア
チェコ
デンマーク
ドイツ
トルコ
ノルウェー
バチカン市国
ハンガリー
フィンランド
フランス
ブルガリア
ベルギー
ポーランド
ポルトガル
マルタ
モナコ
ラトビア
リトアニア
リヒテンシュタイン
ルーマニア
ルクセンブルク
ロシア
北米2地域
アメリカ
カナダ

1日1880円で使える国・地域
中東7地域
UAE
イエメン
イスラエル
カタール
サウジアラビア
バーレーン
ヨルダン
中米・南米17地域
アルゼンチン
ウルグアイ
エクアドル
エルサルバドル
グアテマラ
コスタリカ
コロンビア
チリ
ドミニカ共和国
ニカラグア
パナマ
プエルトリコ
ブラジル
ベネズエラ
ペルー
ボリビア
メキシコ
アフリカ13地域
アルジェリア
アンゴラ
エジプト
ガーナ
ケニア
ザンビア
タンザニア
チュニジア
ナイジェリア
モーリシャス
モロッコ
西サハラ
南アフリカ共和国

どんなときもWiFiはアメリカ大陸やヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアの主要な国でも使うことができます。

国・地域によってはどんなときもWiFiの方が安くなる

どんなときもWiFiを海外で利用する場合は1日単位で料金が発生しますが、料金を見てみると国によってはモバイルWi-Fiルーターをレンタルするよりも安い場合があります。

実際に、私が行ってきたマレーシアはレンタルWi-FiルーターよりもどんなときもWiFiの方が安いので、レンタルはせずにどんなときもWiFiだけを持っていきました。

詳しくは後述します。

海外利用料金には盗難紛失の際に中古品と交換できるオプション料金も含まれる

どんなときもWiFiの海外利用料金1280円と1880円には、1日毎のデータ通信利用量だけでなく海外利用時にWi-Fiルーターをなくしたり盗まれたりした際に中古品と交換できるオプション料金も含まれています。

盗難や紛失にあった際の中古品との交換に料金がかかるかどうかが明記されていなかったのでチャットで尋ねてみたところ、無料で交換してくれるとのことでした。

Wi-Fiルーターのレンタルサービスでも端末紛失時に安い賠償金で済むオプションが提供されていますが、別途数百円の費用がかかります。

それに比べると、補償オプションの費用が料金に含まれているどんなときもWiFiの海外利用サービスは良心的ですね。

1日1GBまで高速で通信できる。1GB超過後も384kbpsなのでウェブサイトやSNSの閲覧、低画質での動画の視聴は可能

どんなときもWiFiを日本国内で利用する場合、実質無制限でどれだけ使っても速度制限されることは基本的にはありませんが、海外利用の場合は1日に高速で通信できる容量は1GBとなっています。

1日の上限である1GBを超えると最大384kbpsの低速に制限されますが、384kbpsならウェブサイトやSNSの閲覧ぐらいならそこまでストレスを感じずに利用できます。

ただ、どんなときもWiFiの公式サイトではYouTubeの360pの動画も視聴できると記載されていますが、動画に関しては384kbpsだと常に安定して視聴するのは難しいかもしれないので、あまり期待しない方がいいと思います。

とはいえ、日本国内の通信事業者はひと月に使えるデータ容量を超えると200kbpsや128kbpsの低速に制限するのがほとんどなので、384kbpsは良心的です。

どんなときもWiFiは使った日分だけ支払う。日付をまたぐ旅行先で特に割安

どんなときもWiFiを海外で使う大きなメリットは、使った日の分だけ支払うです。

使った日の分だけ支払うのは、特に行きや帰りで日付をまたぐ(2泊4日や3泊5日など)旅行先で割安になります。

レンタルWi-Fiルーターの場合、出国から帰国してレンタルした端末を返却するまでの全ての日数分のレンタル料金がかかります。

具体的には、2泊4日なら4日分が、3泊5日なら5日分がレンタル料金です。

それに対して、どんなときもWiFiは現地で使った日の分だけ料金が請求されます。

2泊4日で現地に3日間滞在してその間だけどんなときもWiFiを使った場合は3日分の、3泊5日で現地に4日間滞在してその間だけどんなときもWiFiを使った場合は4日分の料金を支払うだけです。

つまり、どんなときもWiFiの方が1日分少ないのでその分支払う料金も安く済むということです。

また、例えば現地滞在の3日間のうち1日は全くどんなときもWiFiを使わなかった場合、利用料金は2日分だけで済みます。

海外で通信トラブルにより通信できなくなった場合は遠隔操作でサポートしてもらえる

どんなときもWiFiは海外で利用している時に通信ができなくなったなどトラブルが起きた場合も安心です。

どんなときもWiFiのルーターの電源がオンになっていれば、サポートセンターに連絡すると遠隔操作でサポートが受けられます。

サポートセンターの情報は以下の通り。

電話番号:0120-048-277
受付曜日:月曜日~土曜日(年末年始を除く)
受付時間:11時~18時

なお、海外から日本に電話をかける場合は通常の通話料金よりも割高になる点には注意が必要です。

海外でどんなときもWiFiを利用する際の注意点

どんなときもWiFiは日本国内だけでなく海外利用時もたくさんのメリットがありますが、逆に注意しておくべき点もあるので以下にまとめておきます。

飛行機に乗る際は必ず手荷物で機内に持ち込む必要がある

どんなときもWiFiにはリチウム電池が搭載されています。

リチウム電池は危険物に分類されていて、飛行機の揺れや離着陸による衝撃などにより発火したり爆発したりする可能性があるため、貨物室には預けることができません。

逆に手荷物として機内に持ち込むことはできるので、どんなときもWiFiのルーターは手荷物にしまっておきましょう。

1日のリセット時間は日本時間の午前9時

どんなときもWiFiは海外でも1日1280円もしくは1880円で使えますが、1日とは具体的に何時から何時までなのかが気になります。

私は最初、なんとなく現地時間で午前0時になればリセットされて再度1GBで使えるようになると思っていたのですが、実際は違いました。

正しくは、日本時間の午前9時にリセットされます。

マレーシアを例に挙げてみます。マレーシアは日本よりも1時間遅れているので、現地時間午前8時にリセットされるということです。

1GBギリギリまで使う可能性がある場合は、スマホや時計に日本時間がすぐわかるように表示させておくなどの対策をしておくことをおすすめします。

マレーシアでどんなときもWiFiを実際に使ってみた

実際にマレーシアでどんなときもWiFiを使ってきたので、詳細をまとめておきます。

日本からだと帰りの便が日付をまたぐためレンタルWi-Fiだと損

私はマレーシアまでの交通手段にJALを選びました。

JALで日本とマレーシア(クアラルンプール)を往復すると帰りの便が日付をまたぐため、例えば現地滞在期間が3日間でも旅程は4日間(2泊4日)となります。

この場合、レンタルWi-Fiルーターの場合は4日間分の料金がかかりますが、どんなときもWiFiは先ほども触れたとおり現地で利用した3日間分の料金を支払うだけでよく1日分得します。

マレーシアでWi-Fiルーターを使うならどんなときもWiFiは割安

マレーシアでは、Wi-FiルーターをレンタルするよりもどんなときもWiFiを使った方が割安になります。

実際に、マレーシアにおけるレンタルWi-FiルーターとどんなときもWiFiでかかる料金を比較してみます。

私のマレーシアでへの渡航は2泊4日。現地でWi-Fiルーターを利用するのは3日間でした。

まずは数あるレンタルWi-Fiの中でも知名度が高く安く使えることが多いグローバルWi-Fi。マレーシアでは1日1.1GB使えるプランのみ提供で、無制限で使えるプランはありません。

また、利用するのは3日間ですが帰国時に返却するので4日間分レンタルする必要があります。

1日にかかるレンタル料金は1470円で、早めに申し込むと早割りで割引されます。

グローバルWi-Fiは受渡手数料がかかるので、合計金額は5620円となりました。

私はハワイに行く時は格安の料金で無制限で使えるグローバルWi-Fiばかり使っていますが、グローバルWi-Fiはマレーシアではそこまで安くないです。

レンタルWi-Fiの中で、マレーシアでの利用料金が安いのはWi-Hoです。

Wi-Hoがマレーシアで提供しているプランは、グローバルWi-Fiとほぼ同じ1日1GB。無制限プランはありません。レンタル期間は帰国時に返却するので4日です。

1日あたりのレンタル料金は1190円。グローバルWi-Fiに比べると280円安く、どんなときもWiFiよりも90円安いです。

Wi-Hoは、Wi-Fiルーターの利用料金とは別に商品手配手数料として540円がかかります。

トータルでかかる料金は商品手配手数料込みで5300円と、グローバルWi-Fiよりも320円安くなりました。

最後にどんなときもWiFiです。マレーシアは利用国エリア1に該当するので、1日あたりの利用料金は1280円です。

どんなときもWiFiは利用した日のみ課金されるのと返却手数料や商品手配手数料がかからないので、トータルでかかる料金は3840円(1280円×3日)です。

3つのサービスのそれぞれの比較は以下の通り。

 利用日数1日あたりの
利用料金
その他
手数料
割引合計
グローバルWi-Fi4日1470円500円
(受渡手数料)
800円
(早割)
5620円
Wi-Ho4日1190円500円
(商品手配手数料)
なし5300円
どんなときもWiFi3日1280円なしなし3840円

1日あたりの利用料金はWi-Hoが一番安いですが、どんなときもWiFiは利用日数が実際に使った3日分だけでいいのと、利用料金以外の手数料がかからないため圧倒的に安いです。

また、グローバルWiFiとWi-Hoについては上記料金の中に端末の紛失や盗難の際の補償が含まれていないため補償に加入するには別途料金がかかりますが、どんなときもWiFiは前述の通り料金に補償も含まれているのでさらに割安になります。

なので、私はマレーシアにレンタルWi-Fiルーターではなく、安い料金で仮に紛失しても追加費用不要で再度端末を借りられるどんなときもWiFiをそのまま持って行きました。

どんなときもWiFiを利用する前にしておいた準備

どんなときもWiFiは海外に持って行って電源を入れるだけでそのまま使えますが、海外利用時は1日に使える高速データ容量が1GBと決まっているので、知らない間に通信してしまっていて低速に制限されるのを防ぐ必要があります。

そこで、Wi-Fiルーターに接続する端末でいくつか設定をしておいたので、以下にまとめておきます。

アプリの自動更新をオフ

スマホのアプリは、基本的にはアップデートがある場合は自動で更新される設定になっています。

これが注意しないといけない点で、アプリの自動アップデートがオンの状態で海外でどんなときもWiFiに接続中にアップデートファイルが配信されると自動でダウンロードしてアプリによっては大量の通信が発生し、すぐに1日の上限の1GBに達してしまう可能性もあります。

アプリのアップデートは急いでする必要がないことがほとんどなので、どんなときもWiFiを持って海外に行く時はあらかじめアプリの自動更新をオフにしておきましょう。

スマホのデータローミングオフ設定をオフ

スマホのデータローミングのオフはどんなときもWiFiに直接関係する設定ではありませんが、海外での通信料金を無駄に払わないために必要な設定です。

データローミングがオンになっていると、海外でWi-Fiに接続していない時に端末に挿しているSIMで通信をしてしまいます。

私はスマホにドコモのSIMを挿していますが、ドコモの場合は海外パケ・ホーダイが適用されて最大で1日2980円かかります。

知らないうちにスマホとどんなときもWiFiの接続が切れていてその間にたくさん通信した場合、どんなときもWiFiの1日の海外利用料金の1280円とドコモの海外パケ・ホーダイの最大額である2980円の合計4260円もかかってしまいかなりもったいないです。

データローミングをオフにしておけば、Wi-Fiに接続していない時はSIMで通信せず料金が別途請求されることもないので、海外に渡航する前にオフにしておきましょう。

マレーシアでのどんなときもWiFiの速度

マレーシアでどんなときもWiFiの速度を測定してみました。

結果は、ダウンロード速度がが14Mbps台でアップロード速度が24Mbps台でした。

他の時間帯でもスピードテストで測定してみましたが、5Mbps~15Mbps台でした。

ウェブサイトやTwitter・Instagramの閲覧はもちろん、YouTubeの動画も720pの高画質で途中で止まることなく視聴できます。

この写真はヒンドゥー教の聖地の洞窟「バトゥ洞窟」の入り口で撮影した写真で、洞窟の奥に行くとさすがに電波が安定せずに通信できないこともありましたが、洞窟内の途中までは電波はしっかり入っていて速度も十分出ていました。

まとめ。どんなときもWiFiの海外利用は割安になるなら積極的に活用したい

どんなときもWiFiは海外でも日額1280円または1880円で1日1GBまで高速で通信でき、また使った日の分だけ支払えばいいので、国や地域によってはレンタルWi-Fiルーターよりも安くなることがあるのが大きなメリットです。

また、上記の日額料金には端末をなくした際に中古品と無料で交換できる保証オプションの費用も含まれているので、個人的にはどんなときもWiFiの海外利用料金は良心的だと思います。

どんなときもWiFiの海外利用は、料金が安いだけでなく速度もストレスなく快適に通信できるレベルを1日を通して維持しているので、かなり使えます。

ハワイなど格安で無制限に使えるプランが提供されている国や地域ではどんなときもWiFiの出る幕はありませんが、逆にマレーシアのようにレンタルWi-Fiルーターも1GBプランしかない場合はどんなときもWiFiの方がトータルコストが安くなることもあるので、該当する場合は是非活用しましょう。

公式サイト
どんなときもwifi

どんなときもwifi

-基礎知識

Copyright© どんなときもWiFiを実際に使ってレビューするブログ。 , 2020 All Rights Reserved.