基礎知識

どんなときもWiFiの口座振替とクレジットカード払いの違いと注意点まとめ

更新日:


どんなときもWiFiの支払い方法は、クレジットカード払いの他に口座振替も選ぶことができます。

ただ、口座振替はクレジットカード払いとサービス内容で異なる点があり、注意点やデメリットもあります。

そこでこのページでは、どんなときもWiFiで口座振替する場合のクレジットカード払いとの違いと注意点についてまとめます。

どんなときもWiFiの口座振替とクレジットカード払いの違い

口座振替は月額料金が500円割高になる

どんなときもWiFiを口座振替で支払う大きなデメリットは、クレジットカード払いよりも500円割高になる点です。

どんなときもWiFiをクレジットカードで支払う場合は月額3480円

口座振替で支払う場合は3980円です。

つまり、どんなときもWiFiの最低利用期間である2年間利用した場合、口座振替で支払うとクレジットカード払いよりも合計で12,000円(500円×24ヶ月)多く料金を支払うことになります。

口座振替手数料200円が毎月かかる

どんなときもWiFiを口座振替で支払う場合、上記の月額料金が500円割高になるのに加えて口座振替手数料として200円追加で請求されます。

つまり、どんなときもWiFiをクレジットカード払いではなく口座振替払いにすると毎月700円割高になるということです。

もしかしたら月額料金の中に口座振替手数料も含まれているかもと思い念のためにチャットサポートで尋ねてみましたが、やはり月額料金とは別に200円が追加請求されるとのことでした。

毎月700円割高になると、2年間で16800円も多く支払う必要があるので個人的にはもったいなく感じます。

口座振替払いとクレジットカード払いの月額料金を比較

上記の内容をふまえて、どんなときもWiFiを口座振替払いにした場合とクレジットカード払いにした場合にかかる月額料金を比較します。

 月額料金
(税抜)
口座振替
手数料
(税抜)
合計
(税抜)
合計
(税込)
口座振替払い3980円200円4180円4514円
クレジットカード払い3480円0円3480円3758円

税込で比較すると、毎月700円以上クレジットカード払いの方が安いです。

口座振替での申し込みは代引きでの発送になる。端末受取時に事務手数料と付属品代金、代引き手数料の合計額の支払いが必要

どんなときもWiFiをクレジットカード払いで契約する場合、支払いの請求はクレジットカードになるので宅配業者が商品を配達する際はそのまま受け取るだけです。

それに対して口座振替払いで契約する場合は、宅配業者から商品を受け取る際に事務手数料や付属品、代引き手数料の合計額を現金で支払う必要があります。

付属品無しで申し込んだ場合は、事務手数料の3000円+代引手数料300円の合計3000円。消費税込みで3240円がかかります。

1800円のACアダプタも購入した場合は、3000円+1800円+300円=5100円。消費税込みで5508円が宅配業者に支払う金額です。

どんなときもWiFiを口座振替払いで契約する場合に宅配業者に支払う金額は現時点では上記の2通りなので、あらかじめ用意しておくことをおすすめします。

口座振替申し込みは受け取りの際に身分証明書の提出が必要

また、どんなときもWiFiを口座振替払いで申し込んだ場合は、宅配業者から商品を受け取る際に事務手数料と代引手数料の支払い以外に運転免許証や保険証などの本人確認書類を提示する必要もあります。

商品をスムーズに受け取りできるように、本人確認書類もあらかじめ用意しておきましょう。

【現在はクレジットカード払いと同じ日程で発送されます】口座振替は予約受付のため発送は5月中旬以降

これは今後解消するデメリットですが、現時点ではどんなときもWiFiの口座振替は予約受付のため発送が5月中旬以降となります。
※このデメリットは既に解消されています。

予約受付ではなく通常受付になれば、クレジットカード払いでの申し込みと同じようにスムーズに発送されるようになるとは思いますが、今の段階では届くまでに時間がかかるので、どんなときもWiFiをできるだけ急ぎで入手したい場合は注意が必要です。

まとめ。どんなときもWiFiは口座振替にすると割高になるが口座振替を選べること自体がメリット

上記の内容を見ると一目瞭然ですが、どんなときもWiFiを契約するにあたってまず知っておくべきことは、口座振替よりもクレジットカード払いの方が料金面でメリットが多いということです。

ただ、クレジットカードを持っていないなどの理由でやむを得ず口座振替をしなければいけない人ももちろんいると思います。

その人にとっては、割高にはなるものの口座振替払いも選べるどんなときもWiFiはありがたいですね。

どんなときもWiFiを口座振替で支払う場合は毎月4514円かかりますが、それでもドコモやソフトバンク、auといった大手キャリアに比べれば格安でしかも無制限で通信できます。

口座振替での支払い希望で今のプランではギガが足りない人や月額料金が高いと感じている人は、どんなときもWiFiを検討してみることをおすすめします。

公式サイト
どんなときもwifi

どんなときもwifi

-基礎知識

Copyright© どんなときもWiFiを実際に使ってレビューするブログ。 , 2020 All Rights Reserved.